業販・卸・OEM

業務用製品、卸販売、OEMに関する問い合わせは下記よりお願いいたします。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カレンダー

2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

プチプチ食感と甘さがクセになる「発酵発芽玄米」

 玄米は、ビタミンB群やミネラル、食物繊維などを豊富に含み「完全栄養食」とも言われます。
 さらに発芽した玄米は、玄米に比べて消化が良く、身体への栄養吸収効率が高まります。栄養面に限れば、これ以上理想的な「主食」はありません。
 しかし、問題は味覚。玄米はパサついて味気ない、おいしくない…多くの人が玄米食を途中でやめてしまうのも「白米に劣る味」が大きな理由です。

 ところが、玄米を白米並においしく食べる方法があったのです。それは日本人が古来から取り入れてきた「発酵」。
 発酵は食物の味を高めます。味噌や漬物、酒など、味覚の良い日本食の多くが発酵技術によって造られています。日本酒のあの芳醇な香りと味は、お米のてんぷん質を上手に発酵させて生まれたものです。
 おいしさだけではありません。発酵の素晴らしい点は、カラダによい「乳酸菌」をたくさん生み出す点です。

 食料品売り場などでよく見る「乳酸菌」。実は普通の野菜や穀物にも含まれています。もちろん玄米も例外ではありません。
 発酵発芽玄米は、独自の発酵技術を使うことで玄米の中に眠っているおいしさを引き出し、さらに乳酸菌を増量させることにも成功しました。
 腸の中の善玉菌を増やし、加齢によって増える悪玉菌を排除すると言われる乳酸菌のチカラ。その乳酸菌を日本人の主食であるお米の中ではぐくみ、健康パワーを増大させたのが発酵発芽玄米です。
 乳酸菌の含有量は、玄米の約10万倍にもなります。

 日本人の腸が弱り、大腸がんが増えていると言われます。弱った腸は、健康な腸の半分も栄養が吸収できず、栄養価の高い食事も無駄になります。
 日本人の主食から生まれた乳酸菌を含む発酵発芽玄米は、そんな現代人にぜひ試していただきたい発酵食品です。
 発酵発芽玄米の乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも生命力が強く、日本人の腸になじみやすいと言われる植物性乳酸菌です。
 脳の健康に関係し、抗ストレスやうつ病にも働くと言われるギャバ(γ-アミノ酪酸)も豊富に含んでいます。


 腸内での食物の消化・吸収・代謝活動を手伝ったり、ミネラルの吸収や排出を調整するとされています。
 コレステロールが腸で吸収される前に、乳酸菌体が吸着して体外へ排出することで、血中コレステロール濃度を調整するとされています。
 腸内の酸性度を一定に保つことで、腸内腐敗を抑え、下痢や便秘を防ぎ、有害物質や病原菌の増殖を食い止めるとされています。
 ウィルスなどの異物の侵入を所定の細胞に知らせて、ウィルスの増殖や病気の発症を食い止める「インターフェロン」を作り出す能力を高めるとされています。

 血液中の塩分をろ過する腎臓の働きを活発にして利尿作用を促す効果や、高血圧の原因となる酵素を阻害する働きをもつとされています。
 肝臓のはたらきを促す効果もあり、このためアルコールの代謝も速くなるとされています。
 内臓の働きを活発にして消費エネルギー量を高める一方、血液中のコレステロールや中性脂肪をコントロールし、脂肪代謝を促すとされています。
 脳内で抑制系の神経伝達物質として働く成分のため、イライラなどをやわらげる効果があるとされています。
 発酵発芽玄米は、今まで発酵させることが不可能とされていた発芽玄米を、国内で初めて特許製法により発酵させることに成功した、究極のお米です。伝統的な造酒屋の発酵技術を応用して誕生しました。
 食味を向上させ、栄養価を高め、保存性を高める「発酵」は、人間の食文化史上、最大の発明と言われています。
 発酵発芽玄米の一番の特徴は何と言っても発酵させることで爆発的に増大した「天然の植物性乳酸菌」の数です。
 そして発酵させることによって劣っていた玄米の食味を向上させ、白米を超えるほどの美味しさに!
 完全栄養食とも言われる発芽玄米の栄養価を何倍にも高め、さらに2億4千万個/25g(通常の玄米と比べて約10万倍)という驚異的な乳酸菌量を実現した発酵発芽玄米は、いわば発酵技術の歴史が生んだ究極の食品です。
 岡山県の県南で伝統的に栽培されている曙米は、日本酒の原料としても知られる質の高い品種です。出穂期から成熟期が長いため、ふっくらと大粒で、甘味、粘り、コシのバランスがとれ、胚芽残存率も高く、玄米食に適していると言われます。この曙米を鳥取県大山山麓の工場で発芽・発酵させて生まれたのが発酵発芽玄米です。



ご購入はこちら